NEWS・コラム

TASTING

【テイスティング・シリーズVol.157】日本ワイン取り扱いはじめました!

2022年7月11日

TASTING

みなさま、こんにちは。 
営業の馬渕です。  
本日は、7月1日より新規取り扱いとして販売を始めさせていただいた日本ワインのご紹介です。 
ワイン専門誌リアルワインガイドが厳選した日本の優良生産者と直接取引をして 
近年品質向上目覚ましいこの日本ワインを、「最高の状態」でお客様にお届けするというものです。 

 

「最高の状態」とはワイナリーからリーファー便でワインを引き取り、 
弊社ワイン専門倉庫で完全管理のもと品質維持に努めさせていただいております。 
このシールが目印です。ボトルの正面に貼付しております。 

 


 

エイ・エム・ズィーの取り扱い生産者は、 
ルバイヤート/丸藤葡萄酒工業 
シャトーマルス/マルス穂坂ワイナリー(ともに山梨県) 
そして本日ご紹介させていただくのは、夏の季節にぴったりの爽快感溢れるこの1本です。 

 

甲州 シュール・リー 2019  ルバイヤート/丸藤葡萄酒工業 
税込参考販売価格3,575円~ 

 

ルバイヤート丸藤葡萄酒工業は山梨県勝沼に本拠を構え、
2020年に創業130周年を迎えた日本を代表する老舗ワイナリーです。 
ワインはどれをとっても高品質で安定感抜群の美味しさを誇り、
その証拠に日本ワイナリーアワード5年連続最高5つ星生産者に選ばれています。 
伝統の在来品種甲州や欧州系品種カベルネ・ソーヴィニョン、
プティ・ヴェルド、シャルドネなどの栽培、醸造に施行錯誤を重ねながら
「世界に誇る日本のワイン」造りをめざしています。 

 

それではさっそくテイスティングに入りたいと思います。 
ワインをグラスに注ぎますと、色調は鮮やかなイエローグリーン。 
香りは、新鮮なリンゴやグレープフルーツなど柑橘系の爽やかな香りがします。 
口に含むとフレッシュでキレの良い酸が心地よく感じられ、
すっきりと爽やかで清涼感のある飲み口です。 
このところ時期外れの猛暑が続いておりましたので、
このような日には甲州シュール・リーは心も体も癒してくれること間違いなしです。 

 

今回、甲州シュール・リーに合わせた料理は定番ではありますがお寿司にしてみました。 
バランス良くシャープに仕上がった辛口ワインなので、魚介のネタには相性よく合わせることができました。 

印象としては和食全般、大丈夫だと思います! 

 




エイ・エム・ズィーはフランス・ブルゴーニュのワインを主に扱ってまいりましたが、 
今後は母国日本にも目を向けて、
皆様に満足していただけるようなワインをご紹介させていただきますので楽しみにしていてください。 

 

それでは、また次回宜しくお願い致します。