NEWS・コラム

テイスティング

【テイスティング・シリーズ Vol.2】
ルモワスネ・ペール・エ・フィス ボーヌ・ブラン “モンターニュ・サン・デジレ” 2014

2019年4月01日

テイスティング

エイエムズィー バイヤーの菊池です。
 
 
先日、フカヒレの煮込み陶板仕立てや

季節野菜の漬け菜蒸しなどの中華料理とルモワスネのペアリングを楽しみました。
 
 


BEAUNE BLANC “MONTAGNE SAINT DÉSIRÉ” 2014 REMOISSENET PÈRE & FILS
 
ボーヌ・ブラン “モンターニュ・サン・デジレ” 2014 ルモワスネ・ペール・エ・フィス
 
参考上代 ¥8,500(税別)
 
 
ワインはきれいなミネラル感と品のある樽感が絶妙にマッチ。
 
適度な粘性や上質な厚み、新樽の香ばしさがワインに溶け込んでいて余韻も長いですね。
 
爽やかな柑橘系の要素と伸びのあるフレッシュな酸が食欲をかきたてます。
 
中華ももちろん合いますが、白身魚のグリルや、シーフードパスタなどとも合わせたいです。
 

自社畑で手塩にかけて造られたブドウから、生産者の想いがたくさん詰まった年産僅か1800本の貴重な1本です。
 
 
 
ワインはフカヒレの煮込みとも好相性。フカヒレは厚みがあり、心地よい歯ざわりと奥行きのある味わいでした。季節野菜は素材の持つ滋味深い味わいがきれいに引き出され、ワインの持つ果実感とミネラル感がとてもマッチしていました。とても美味しく、楽しいひと時でした。