NEWS・コラム

TASTING

【テイスティング・シリーズVol.177】規格外の実力!まさにムルソーの味わい

2022年11月28日

TASTING

皆さんこんにちは。
営業企画の武田です。

本日は、個人的にも大好きなドメーヌ・ルージョより、
プティ・ムルソーともいわれる規格外のACブルゴーニュをご紹介します。
 

ドメーヌルージョルージョ シスウヴレ シスウブレ
 

DOMAINE ROUGEOT 
ドメーヌ・ルージョ
“BOURGOGNE COTE D’OR CHARDONNAY “”CLOS DES 6 OUVREES “ 
ブルゴーニュ・コート・ドール・シャルドネ クロ・デ・シス・ウヴレ(モノポール) 
税込参考上代 6,600円
  

  

エイ・エム・ズィーの白ワインといえば、 
ポール・ペルノ、トマ・モレが2枚看板ですが、 
生産量が少ない為、ご紹介しきれていない隠れた銘品がムルソーのドメーヌ・ルージョなのです。 
味わいとしては2ドメーヌを上回るほどの際立ったクオリティを持っています。 
圧倒的なミネラルによる澄み渡った質感が一番の特長として挙げられます。 
その緻密な味わいは、私を含め、テイスティングした人間をすぐに虜にしてしまいます。 
ドメーヌの年産は、全キュヴェ合わせて合計2万5千本と、極めて少量生産の為、これまであまり知られてきませんでしたが、 
称賛に値する素晴らしいドメーヌであることは間違いありません。
  

このキュヴェは、ムルソー村中心近くのドメーヌの敷地内にあるモノポール(単独所有畑)。 
「ウヴレ」とは中世、農夫が1日に畑を耕せる畑の広さの単位(1 Ouvrées: 4.28アール、1ha: 24ウヴレ)を指します。 
平均樹齢は50年で、年間生産量は多い年でも2,400本程度と希少。 
明らかにムルソーのテロワールがあり、素晴らしい品質。 
このワインはルージョのACブルゴーニュシリーズの中でも「プティ・ムルソー」と呼ばれています。
  

それではテイスティングしてまいりましょう! 
ミネラルの要素、濡れた石、白桃、柑橘類、アーモンドの皮の繊細な香りが含まれています。 
滴るような豊かな果実味と、ほのかな樽香、うっとりするような酸味に支えられています。 
稀に見る複雑性があり、フレッシュで鮮烈な印象。 
クリアでくっきりとしたミネラルがあり、ブルゴーニュ好きにはたまらないワインです。 
ACブルゴーニュとしてはやや高価なのですが、価格を上回る感動があります。 
商材としてだけでなく、是非皆さんにも楽しんでいただきたいイチオシ生産者です。
 

 

ではまたお会いしましょう。