NEWS・コラム

TASTING

【テイスティング・シリーズVol.191】弊社人気生産者シリュグ後継者夫婦の、注目必須のパストゥグランロゼ

2023年3月20日

TASTING

皆様、こんにちは!
営業の松田 哲也です。
 

本日ご紹介するワインは注目必須の
“アルノー・エ・ソフィ・シリュグ・ノエラ”が手掛ける
ピノノワール100%のパストゥグランロゼ。
 

ヴォーヌ・ロマネ村に拠点を置くドメーヌ ロベール・シリュグの次期当主アルノー・シリュグと、
同じくヴォーヌ・ロマネ村のドメーヌ ミシェル・ノエラの当主アラン・ノエラの長女ソフィー・ノエラが2013年に結婚し、
2017年に立ち上げた新ブランドで、ヴォーヌ・ロマネでもこれから注目になること間違いない生産者の一つです。
 


 

生産者名 ARNAUD&SOPHIE SIRUGUE NOELLAT 2021(アルノー・エ・ソフィ・シリュグ・ノエラ)
商 品 名  BOURGOGNE PASSETOUTGRAINS ROSE 750㎖ (ブルゴーニュ パストゥグラン ピノノワール ロゼ)
参考上代 4,675円(税込み)
 


 

●テイスティングレポート
 

外観
春らしく、淡い桜の花びら
 


 

香り
フレッシュなラズベリー
とてもチャーミングな印象
 

味わい
果実の旨みが口いっぱいに広がりジューシー。
ミネラル感もありやや塩味を感じる。アフターにかけての渋みがとても綺麗でとてもバランスが良かったです。
 

料理は幅広くお選びいただけます。
和食は天ぷらなど。洋食であればローストした鴨など赤身のお肉との相性はばっちりです。
 


 

今回はアスパラの肉巻きをシンプルに塩コショウで合わせました。
桜も開花し始め春らしくなってきたのでアスパラが食べたくなってしまいました(笑)
豚肉の脂との相性がとても良かったです。
 

自宅なので桜はないですが桜カラーのロゼと春野菜を合わせて気分は一足早いお花見の気分になれました。
 

それではまた次回のテイスティングレポートをお楽しみにしていてください。
 
 
松田 哲也