ワイン生産者紹介

RHONE/ローヌ

RHONE/ローヌRHONE/ローヌの生産者のご紹介

生産者詳細情報

BOUTINOT RHONE/ブティノ・ローヌ

Comment

南部ローヌの可能性を信じてBOUTINOTはこの地でワイン造りを25年以上前から始めました。

環境に配慮した持続可能な自然農法を取り入れた栽培家の葡萄とメゾンが所有する自然農法からの葡萄でワインは造られます。

照りつける強い日差しと暑く長い夏が特徴の地中海性気候で、粘土質土壌に石灰小石で覆われた表土は上質な土壌を有しています。
メゾンのあるケランヌ村は、ラストー村の西に位置し、村名をラベルに表記できるコート・デュ・ローヌ・ヴィラージュで、18あるコミューンのひとつです。
その中でもケランヌは特に上質な葡萄が採れる有名な産地として知られ、シャトーヌフ・デュ・パプと似た土壌を有しています。
果実や革の香りが際立ち、コシの強さとスパイシーさが熟成を経てさらにエレガントに変貌していくのが特徴です。

ボトルネックにある”Fide et Arte”はラテン語で、英語で言うなら”TRUST & SKILL”(信頼と熟練)。
ローヌでの確固たる実績と経験に絶対の自信を持っている事の表れます。
蜂の紋章はナポレオンが蜜蜂のごとく勤勉にという思いも込めて紋章として採用したり、古くから親しまれてきたものです。
もちろん、受粉などにより生態系に大きくかかわっており、忙しく飛び回る様は、数々のワイン産地を飛び回り精力的に活動しているBoutinotの醸造家Eric Monninに共通することからロゴに採用しました。

この生産者のワイン