NEWS・コラム

TASTING

【テイスティング・シリーズVol.187】牡蠣とシャンパン

2023年2月20日

TASTING

んにちは、神戸事務所の熊谷です。
2月も後半に入り、野菜売り場にも少しずつ春野菜が目に付くようになってきました。
先日知人に殻付きの牡蠣を頂いたので、思い切って奮発して飲んだワインをご紹介します。
 

SPECIAL CLUB EXTRA BRUT GRANDS TERRORS CHARDONNAY 2015
PIERRE GIMONNET / Champagne
スペシャル・クラブ エクストラ・ブリュット グラン・テロワール シャルドネ 2015
ピエール・ジモネ / シャンパーニュ
参考上代 ¥16,500-(税込)
品種:シャルドネ100%
 

《スペシャル・クラブ》は、シャンパーニュの小規模生産者がグランメゾンに対抗するために
”Club Tresor/クラブ・トレゾール(シャンパーニュ地方生産者会)“を結成し、
独自の厳格な品質基準に合格したキュヴェのみを、統一したボトルとエチケットで展開するプレステージ・シャンパーニュ。
現在約5000もあると言われているシャンパーニュの生産者ですが、
このクラブ・トレゾールに参加が許されているのは28のレコルタン・マニピュランです。
 

ジモネのスペシャル・クラブはコート・デ・ブランのシャルドネのみを使用。
主にクラマンのグランクリュ(60%)で構成されており、シュイィ グランクリュ(26%)と、
ピエール・ジモネのスタイルの特徴であるフレッシュさをもたらすプルミエクリュのキュイ(14%)を加えています。
最も古いもので1911年と1913年に植えられた樹齢40年以上の古い畑のブドウを繊細にブレンドしています。
 

色合いはかすかにグリーンがかった、透明感、輝きのあるイエロー。
キメの細かい泡立ちがまっすぐと上がってくる様子は、いつ見ても優雅な気分に浸れます。
アタックはスムーズで、白桃や洋梨に熟した八朔やグレープフルーツなどの柑橘系、
ブリオッシュや焼き菓子などの甘やかで香ばしい風味、
オリエンタルスパイスのようなエキゾチックさと骨格のしっかりしたミネラル感が感じられます。
8年の経過を経てもなお、フレッシュさを持ち合わせた心地よい余韻が続きます。
 


 

殻付きの牡蠣はレンチンがおススメというので、殻付きのまま軽くゆすいでレンジに入れて待つこと数分。
殻が少し開いたら頂きます。
臭みもえぐみもなく、ほどよい塩味とミネラル感が得も言われぬ美味しさです。
ポン酢も醤油も必要ありません。
シャンパーニュの酸があるのでレモンもなしで、十分堪能できました。
スーパーで売っている牡蠣は汚れを落とす下処理が面倒と思っていたのですが、殻付きだと下処理不要なのはなぜでしょう・・・
ご存じの方がおられたら教えてください。
 

ジモネは3月より価格改定を予定しております。
 

スペシャル・クラブ エクストラ・ブリュット グラン・テロワール シャルドネ 2015
改定後 参考上代 ¥18,150(税込)

現在在庫もございますので、ぜひご検討を!