NEWS・コラム

TASTING

【テイスティング・シリーズVol.236】SO2無添加で造られる極上エレガンス

2024年2月12日

TASTING


こんにちは
営業企画の武田です。

本日は私の大好きな生産者、ドメーヌ・ルージョより、
赤ワインのトップキュヴェ「ヴォルネイ・サントノ」をご紹介します。


生産者名
DOMAINE ROUGEOT
ドメーヌ・ルージョ

商品名
VOLNAY 1ER CRU SANTENOTS 2021
ヴォルネイ・プルミエ・クリュ・サントノ<サン・シュルフィト・アジュテ>

税込参考上代:29,700円


ドメーヌルージョブルゴーニュ赤ワインヴォルネイサントノ


ルージョ家は5世代にわたりムルソー村でワインを生産してきました。
村の中心部にドメーヌはあり、有機栽培で低硫黄等の最小限の人的介入で静かながらも完璧なワインを生み出してきました。
現当主はピエール・アンリ・ルージョ氏。
2010年より運営に参加し、有機農法を実践。2020年産から正式に有機認証を取得しました。


ドメーヌルージョブルゴーニュ赤ワインヴォルネイサントノ


彼の哲学は持続可能な農業だけではなく、ワインから最も純粋な果物の表現を抽出する事。
醸造過程で使用されるSO2(亜硫酸塩)の量に関する実験を通して、
SO2がワインの芳香の範囲と精度を低下させる事を発見した彼は、
2016年以降、SO2の使用量を極限まで引き下げ、瓶詰め時にのみ極少量使用することとしました。

さらには、このヴォルネイ・サントノのような一部のキュヴェでは全工程を通してSO2無添加を試みています。
サン・シュルフィト・アジュテとはSO2無添加の意。
特徴的なこのラべルは、ドメーヌ・ルージョのワインでもSO2無添加のワインにのみ使用します。
ブドウの状況により、添加せざるを得なかった年は通常ラベルで販売するという徹底ぶり。
つまり、このラベルが貼られているワインはSO2無添加が保証されているのです。


ドメーヌルージョブルゴーニュ赤ワインヴォルネイサントノ


彼のワインはとても精力的で、精緻で、そして美味しさに満ちています。
このような説得力のあるワインを生産しながら、このドメーヌは黙々と自らの成すべき仕事を完璧にこなしてきました。
年産合計2万5千本という少量生産の為、これまであまり知られてきませんでしたが、
称賛に値する素晴らしいドメーヌであることは間違いありません。

ヴォルネイは、コート・ド・ニュイのシャンボール・ミュジニーと並び、ブルゴーニュでも傑出したエレガンスを誇ります。
中でも1級畑のサントノは別格的な品質があり、優美な果実感と、
しなやかで奥深いスタイルに定評があります。
ルージョが所有する区画の樹齢は、1/3が25年、2/3が50年と古木からのブドウが多く含まれます。

それではテイスティングしてまいりましょう。

色調は真紅で透明感があり、ピノ好きにはたまらない色合いです。見ただけで「うまそう!」ってなりますね。
プラムやカシスなどの果実やスパイス、フローラルな華やかさも感じる魅力的な香り。
ジューシーで煮詰めたような濃密な果実感がありますが、
清涼感のあるキレイなミネラルが支配的で、非常に洗練された印象。
クラクラするような密度の高い果実味は味わいのピークが長く、
はてしない余韻へと続きます。
品質的にはグランクリュといって差し支えないのではないでしょうか。

このワインを誰かにオススメしたい!この旨さを伝えたい!!と思わせてくれる逸品です。

ときに、ナチュラルワインが好きな方は、
ナチュラル界隈でガメイが人気という事をご存じかと思います。
そう、ルージョはパストゥグランもオススメなんです!
個人的にすでに3本飲みました。こちらも是非!!


ドメーヌルージョブルゴーニュ赤ワインヴォルネイサントノ


白ワインやマグナムサイズも少量ながら在庫あります。
皆さまも、一緒にルージョにハマりませんか?

それではまたお会いしましょう!