ワイン生産者紹介

BOURGOGNE/ブルゴーニュ

BOURGOGNE/ブルゴーニュブルゴーニュ地方の生産者のご紹介

生産者詳細情報

PHILIPPE BOUZEREAU (CH. DE CITEAUX)
フィリップ・ブズロー(シャトー・ド・シトー)

 

生産者名 PHILIPPE BOUZEREAU
生産者名(カナ) ドメーヌ・フィリップ・ブズロー
所在地(村) コート・ド・ボーヌ ムルソー / Côtes de Beaune Meursault
当主名 フィリップ・ブズロー / Philippe Bouzereau
所有畑とその広さ ムルソーを中心に北はアロース・コルトンから南はサントネまで18.0haの畑を所有
栽培品種 【白】シャルドネ
【赤】ピノ・ノワール
栽培方法 リュット・レゾネ
生産量 年平均80,000本程度
HPアドレス http://www.chateau-de-citeaux.com/

Comment

フィリップ・ブズローはムルソーで9世代に渡って受け継がれてきた家族経営のメゾンです。
ほとんどが自家所有の畑ですが、僅かに従業員の家族の畑からぶどうを購入してブルゴーニュ・ルージュにブレンドしているため、正確にはメゾンとなります。  
 
ブズロー家は畑や醸造設備と共に、1995年以降村の中央にあるシャトー・ド・シトーも受け継いできました。 
この城は1098年シトー派の修道士によってここでワインが造られて以来、現在までその建物が守られています。  
残念ながら城は2005年に売却され現在ホテルとなっていますが、現在も城の前に広がる畑を所有しています。 
現当主フィリップ・ブズロー(先代と同名)は2006年にドメーヌを受け継ぎました。  
拠点のあるムルソーを中心に、北はアロース・コルトンから南はサントネまで5村18.0haに広がる畑から21種のワインを生産しています。 
 
 
所有畑にはムルソー1級の御三家ともいえる“ぺリエール(Perrières)“、”ジュヌヴリエール(Genevrières)”、“シャルム(Charmes)”のすべてを所有、またピュリニー・モンラッシェの1級シャン・ガン(Champ Gain)も所有しています。 
また、シャトー・ド・シトーのクロにあるモノポール、※“ヴュー・クロ・デュ・シャトー・ド・シトー(Vieux Clos du Chateaux de Citeaux)”や、村名の優良畑“レ・グラン・シャロン(Les Grands Charrons)”もあります。 
 
 
栽培については厳格なリュットレゾネを実施しており化学肥料や除草剤、殺虫剤などは一切不使用です。
リューディ毎に異なる個性を純粋に表現することを心がけ、古き良き自然、生態系や人に影響を与えない持続可能な栽培を実践しています。 
これは「星の王子様」で有名なサン=テグジュペリの 
「この地は先祖から受け継いでいるのではない、未来の子供達から借りたものだ。」 
という言葉を大切にしているからです。 
 
 
また、畑の個性を活かす為に新樽比率は低く抑えています。 
2013年からは天然酵母で発酵させています。そのおかげでブズローのワインは純粋な畑のテロワールを素直に感じる事が出来ます。 
 
 
生産の6割はフランス国内で消費され、またパリの3つ星ピエール・ガニャールやアルザスの2つ星ル・クロコディール等、
著名なレストランでも採用されたり、デキャンター誌、ギ・ド・アシェット誌の常連となるなど、毎年高く評価されています。 
 
 
★2018ヴィンテージよりラベルデザインが一新され、すっきりとした印象になりました。 
 
 
※“ヴュー・クロ・デュ・シャトー・ド・シトー(Vieux Clos du Chateaux de Citeaux)”……「ヴュー・クロ」=「古い区画」の意味。クロ・ヴージョとも並び古く1100年頃が起源。

この生産者のワイン