ワイン生産者紹介

CHAMPAGNE/シャンパーニュ

CHAMPAGNE/シャンパーニュCHAMPAGNE/シャンパーニュの生産者のご紹介

生産者詳細情報

J.LASSALLE/ジュール・ラサール

生産者名 J.LASSALLE
生産者名(カナ) ジュール・ラサール
所在地(村) シモンターニュ・ド・ランス シニー・レ・ローズ / Champagne Montagne de Reims Chigny-les-Roses
当主名 シャンタル・ドゥセール・ラサール / Chantal Decelle-Lassalle
栽培責任者 アンジェリーヌ・タンプリエ・ラサール / Angeline Templier-Lassalle
醸造責任者 アンジェリーヌ・タンプリエ・ラサール / Angeline Templier-Lassalle
所有畑とその広さ シニー・レ・ローズ(Chigny-les-Roses)、リュド(Ludes)、モンブレ(Montbré)、 ピュイジュー(Puisieulx)、 リリー・ラ・モンターニュ(Rilly La Montagne)、 セルミエ(Sermiers)、ヴィレ・アルラン(Villers Allerand)等モンターニュ・ド・ランス内のプルミエ・クリュかグラン・クリュ。合計で約12.0ha
栽培品種 ピノ・ムニエ ピノ・ノワール シャルドネ
栽培方法 リュットレゾネ
醸造方法 メトード・トラディショナル
HPアドレス http://www.champagne-jlassalle.com/

Comment

J.ラサールは1942年にジュール・ラサール氏によって設立された小規模なドメーヌ。1982年ジュール・ラサール氏の死後、妻オルガと娘のシャンタルが引き継ぎました。伝統的な手法を守りながらも、女性ならではのフェミニンさや華やかさ、クリーンさが加わり、今では著名なシャンパーニュハウスと肩を並べるまでになりました。2006年にはシャンタルの娘アンジェリーヌもドメーヌに加わり、女性3代が運営するとても稀なドメーヌとなったのです。

厳格なリュットレゾネで栽培され、収穫は全て手作業。収穫後も厳しい選別で常に最良の葡萄の一番果汁だけを使用します。区画毎にキューヴでそれぞれ発酵後、そのままキューヴで寝かされ、落ち着かせてからキューヴ毎に状態を確認しながら、テイスティングし、どのキュヴェをブレンドするか決められます。少しでも品質にそぐわないキュヴェは全てネゴスに売却されます。ステンレスタンクで寝かせるのはシャンパーニュには不向きと考え、特注のステンレスタンクはアッサンブラージュ等に使用しています。

ドメーヌでは特注の960hlのステンレスタンクを14基揃えています。瓶熟はノン・ミレジムでも最低でも4年以上、ミレジメであれば6~10年は寝かされます。ルミアージュは全て手作業で行われ、伝統的なスタイルを継承しています。

また全てのボトルにデゴルジュされた日付が記載されています。アンジェリーヌはワイン業界において女性であることは大きな挑戦であると語っています。そして彼女たちは葡萄栽培家として成功すると共に、自らのワインを通して受け継いだラサールのスタイルやフィロソフィー、そして情熱を世界中に伝えていく事が何よりも重要であると考えています。

この生産者のワイン